チーズケーキの材料



チーズケーキ
        に使う材料





道具を揃えたら次は材料です。
ここではいろいろな材料の役割をまとめています。

作るチーズケーキの種類によって用意する材料は変わってきます。
実際に作るチーズケーキに必要な材料は、各チーズケーキのレシピのページにまとめていますのでそちらを参考にしてください。

■クリームチーズ
生クリームを加えた牛乳で、乳酸発酵させて作る熟成させないタイプの白チーズ。軽い酸味とまろやかな風味。チーズケーキの大部分を占めます。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、スフレ、ムース、ババロア

■ヨーグルト
ヨーグルトは糖分を加えていないプレーンヨーグルトを使います。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ムース、ババロア

■バター
バターは無塩バターを使用。
普段はたぶん有塩バターを使っていると思いますが、これは塩分が多くチーズケーキ味には合わないので注意。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、スフレ、ムース、ババロア

■バニラエッセンス、バニラオイル
甘い香りや風味づけに使用。
バニラエッセンスは匂いが弱いので、加熱しないお菓子用。
バニラオイルは加熱しても香りが飛ばない為、加熱するお菓子用。

使用ケーキ:ベイクド、レア、スフレ、ムース、ババロア

■上白糖
いわゆる一般的に言う普通の砂糖です。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、スフレ、ムース、ババロア

■粉砂糖
お菓子やパンにかかっている雪のように白い粉が粉砂糖です。
わざわざ買わなくても上白糖をすり鉢でするだけで作ることができます。

使用ケーキ:お好みで

■コーンスターチ
とうもろこしの種子のでんぷんです。
白くてさらさらした粉で舌触りを滑らかにします。
片栗粉で代用できます。

使用ケーキ:ニューヨーク、スフレ

■粉ゼラチン
粉ゼラチンは水に溶かしてふやかしてから使います。
ふやかすときは水の中に粉ゼラチンを入れささっと混ぜる。
固まった時は温めて溶かす。

使用ケーキ:レア、ムース、ババロア

■玉子
メレンゲを作るために使用したりします。
卵白と卵黄を使い分けることも多いです。

使用ケーキ:ベイクド、ニューヨーク、スフレ、ムース

■生クリーム
牛乳を原料とした動物性のものを使います。
脂肪分が高いものはコクが出ますが、お値段も少々高めです。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、ババロア

■サワークリーム
生クリームに乳酸菌を加えて発酵させたもの。
さわやかな酸味がありこのサワークリームを使うことでコクが出ます。

使用ケーキ:ニューヨーク

■バニラビーンズ
中に入っている種を取り出して使います。甘い香りや風味が出ます。

使用ケーキ:ニューヨーク

■ビスケットクラッカー
数多くのチーズケーキの土台になります。
溶かした無塩バターと混ぜて土台を作ります。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、ムース、ババロア

■グラニュー糖
上白糖よりも結晶が大きく、サラサラとした砂糖。
上白糖との違いは甘みがさっぱりしていること。

使用ケーキ:お好みで

■薄力粉
いわゆる小麦粉です。
小麦粉の種類として強力粉、中力粉、薄力粉がありケーキ作りで使うのは薄力粉です。

使用ケーキ:ベイクド

■板ゼラチン
板ゼラチンの方が粉ゼラチンよりも硬くできあがるので、強度が必要な時は板ゼラチンを使います。

使用ケーキ:お好みで

■レモン汁
酸味を加えることに使います。
普通にレモンを絞ってもいいですが、食卓レモンのような汁そのものがあると便利です。

使用ケーキ:ベイクド、レア、ニューヨーク、ムース、ババロア

■牛乳
低脂肪牛乳でも構いませんが、濃厚さを求めるのであれば低脂肪でないものを選びましょう。

使用ケーキ:スフレ


チーズケーキをうまく作るためのコツは




Copyright 2008 Cheese caker Corporation. All Rights Reserved.